loader logo

0 348 0
彼氏に クサイと言われた・・・・ 自分では判らないけど、体臭ではなくアソコのニオイ・・・ 「男性の87%は セックス中に彼女の○○で萎えていると判明」という記事を 見てしまい自分の体臭が気になりトラウマになってしまったワタシ

この記事の読了完了時間 目安7分
このページの記事が参考になると思った方は
是非、ブックマークして下さいネ!

 

それはある夏の日初めてのデート帰り際

その日は蒸し暑く、少し汗ばむ感じの日でした・・・・

彼:「ウチそこだけど、今日は蒸し暑いし 寄ってく?」

「新しいクーラも買ったんだ(^^♪ すぐに冷えるし アイスでも買って ゆっくりしない?」

「まだ、7時だし・・・」

私:「えっ・・・・・」

ここで、そっけなく断るのもなんか、嫌だし・・・

今まで、家にも誘ってくれなかったし・・・

私:「えっ?いいの?お邪魔して・・・」

彼:「いいよ♪ 昨日、掃除したばっかだし部屋キレイだから、どうぞ・・・」

私:「ありがとう、じゃっコンビニでアイス買っていこっか?」

彼:「いいね・・・キンキンのクーラーにキンキンのアイス!ペンギンになった気分になるよね・・・」

私:「そだね・・ペンギンさんだね!」

心の中: あっ!しまった!生理前だし・・・

 

彼の家で、寛ぐこと1時間・2時間が過ぎ・・・・・

彼:「今度の休み・・どこへ行こっか? ここなんかどう?」

旅雑誌を指さして・・・

彼:「ここ・・・どうかな?」

私:「どこ?」

彼:「ここだよ・・・ここ」

私:「どれどれ?」

っと・・・彼との距離が近くなって、

私: 心の中で
しまった・・生理前で私って、ニオってないかな? 暑くてあせも掻いてたし・・・
ニオイ気にならないかな・・・・

彼:「どしたの?」

彼: 「こっちおいでよ(^^♪」

私:「いや・・いいよ・・・今日は暑くて汗かいちゃったし・・・」

心の中: ホントは私も近づきたいけど・・・
今日はどうしてもダメ・・・・

もし、ニオイで嫌われたら・・・・

彼:「どしたの?」

彼: 「こっちおいでよ(^^♪」

彼:「俺のこと避けてる? 俺のこと好きじゃないんだ・・・・」

私:「そんなことないよ! 好きだしホントに大好きだし・・・」

あ~どうしよう・・・嫌われたら・・・・

 

そのあと、なんかギクシャクして話も何も変な感じなってしまって・・・

 

あ~ どうしよう~なんか気まずいよ・・・・

私:「あっ、今日は帰るね・・・」

「今日はありがとう・・・バイバイ、またね」

彼:「うん・・・ じゃっ」

帰宅したあと

私:「あ~ どうしよう~なんか気まずいよ・・・・」

だって、 このあいだ、雑誌で読んだけど

「男性の87%は セックス中に彼女の ○○で萎えていると判明」

という記事を見てしまって、

それも、その話は・・・・

初エッチ後に彼から

「悪いんだけど、ちょっと距離を置かないか?」

そんな別れ話だった・・・・

「なんで? 私何かした?」

「そういうわけじゃないんだけど・・・ちょっと時間が欲しいんだ!」

「誰かほかに好きな人ができたの?」

そんな会話の記事だった・・・

その記事を読み進めていくと・・・・

回りまわって、彼の友達から、

彼氏が言ってたよ

「あの女 ちょっとクサイんだよな・・・」

という下り・・・

その記事を読んで、私は トラウマになって しまって

自分の体臭が気になって

汗をかいたらすぐシャワーを浴びるようになり

家もでれなくなって、

「アソコがクサイ私には、二度と彼氏ができないんだ」

と悩むようになったという記事を読んでからは・・・・
 

彼と二人きりになるのが怖くて・・・・

そんな女性の悩みが解決する方法があるんです。

女性の調査では

デリケートゾーンの 悩みが一番多いのです。

1番は ニオイ

男性の調査でも

女性のデリケートゾーンのニオイが気になったことがありますか?

ある 84%

ない 16%

ニオイが気になったことをその女性に伝えましたか?

いいえ 92%

はい 8%

こんな結果が出ています。

引用:スキンケア大学
 

ニオイの原因は雑菌が繁殖する際に排出される老廃物

実はデリケートゾーンにはアクリン腺という汗腺が多く存在します

汗腺からは皮脂やアンモニアなど、雑菌の栄養分を豊富に
含んだ汗が分泌され、さらにデリケートゾーンは

高温多湿という雑菌の繁殖しやすい環境なので

ニオイが発生するのです。

ではどうすれば解決できるのか?

それはいつも清潔に保つこと!

毎日のケアできちんと汚れを落としきることです。

たくさんの女性誌にも取り上げられている・・・・・



これで、アナタの悩みも解決されます・・・・

  如何でしたか?

多くの女性が悩むことなので心配しないでくださいね!

解決できるので、なるべくストレスを溜め込まないようにしましょう。